トラの木舎−ArtとZakka

ADHD優勢型ASD絵描きの私とミニチュアじゃないデカピン(ミニピン)のケントとくろねこルイスとシャムMIXくーちゃんと、大きな人間(息子)とゆるーい自給自足生活。(無断使用、無断転載禁止。)

Kentの成長(お犬様編)

今週のお題「〇〇の成長」

我が家の大切なお犬様Kentが我が家に来てから1年半が経過しました。まだ1年半?もう1年半?あっという間のような、とても長い間いるような。

里親サイト支援
www.pet-home.jp

を覗いていると、どうしても気になって仕方がないブラウザを閉じても、また気になって見に行ってしまう。それがKentでした。

優しくて温厚な性格。

家族も賛成してくれ、私たちはKentを引き取りに県外まで出向いたんですが、最初の挨拶で私はおでこを噛まれましたw
え…待って、温厚な犬なのでは…

飼い主さんもそれには物凄く慌てておられました。家に着いた日に、自宅に入るのを拒否しるKentをみて「あぁ、、、これはきっと大変な事になる…」とKentとの距離を一旦遠くに離そうと考えている中、家人を噛み、家人は救急車で運ばれ、3針縫いwうちの息子も噛まれそうになり、ズボンが破れwどうにもならない状況なので玄関を封鎖wwwまさにバイオハザードのような生活が始まったわけです。

いつまでも玄関に潜伏させておくわけにはいかないので数日後、私は噛まれる覚悟でKentに近づき「噛むなよ、お前絶対噛むなよ。あんたも怖いだろうけど私も怖いんだかんな、噛むなよ」と言いながら近づき、リードをつけれたわけです。(怖かったw)それから私はKentを車の助手席に乗せて、奈良県までドライブし、市民運動場にて2時間Kentと散歩を楽しみました。それが良かったのか、何が良かったのかいまだにはっきりとはわからないけれど、その日にKentが私に心を開いてくれたのは事実です。それから毎日Kentと散歩し、縁側でひなたぼっこし、Kentにたくさん話しかけました。自然に私に甘えてくるようになって、あぁ、、、良かった。と思っている最中にKentが我が家から脱走してしまうのです(涙)その話はまた後日( ;∀;)


お座りもできない
待てもできない

躾がまったくできないKentが約1年のドッグトレーナーさんの指導で今では、待てもお座りも伏せもできるようになりました。
もう6歳のわんこなのでパピーのようにはいかないけど、Kentなりにゆっくりだけれど成長していってくれてます。

f:id:kuronekoekaki:20191116183452j:plain
ジャーマンピンシャー?なんじゃと思ってしまうでかさのミニピン(笑)

Kentが我が家に来てくれて本当に良かったと心の底から思います。本当は優しくて、人間が大好きな子。虐待を受けてKentは気難しい子になってしまったけれど、ゆっくりと元のKentに戻ってくれるように私はこの子をずっと守っていきます。




なかたまいHP(改造中)
minne、メルカリ、インンスタグラムにも飛べます。

https://kuronekoekaki.jimdofree.com

良かったら応援ポチ御願いします⌄̈⃝なぜかブログ村のランキングが反映されなくなってしまっています👼人気ブログランキングは反映されています。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ